「事業化.com」は、皆様のアイディアを事業化するお手伝いを致します。

TEL.050-5867-8792
info@jigyoka.com

〒102-0073 東京都千代田区九段北1-4-1

ビジネスパートナー

ビジネスパートナー

私のビジネスパートナーのひとりに製造業を営んでいる人がいます。

彼は起業してからも20数年経ちます。

元々エンジニアとして企業でサラリーマンをしていたのですが、やはり一生サラリーマンで終わるのは絶対に嫌だったとの事で、20数年前に起業したそうです。

ただ、いきなり会社を辞めてしまったらお金に困るのは目に見えています。

そこで、先ずは奥さんを経営者にして会社を立ち上げた様です。

そして、起業した会社がある程度の目処が経ったところで、自分も会社を辞めて事業を始めたそうです。

起業と言うリスクを負うために、こういう形でリスクヘッジをしたと言う事でしょう。

今、日本ではサイドビジネスが流行しています。

週末起業なんて言う言葉も当たり前のように使われていますし、ネット起業という言葉も良く聞かれます。

ヤフーオークションで商品を売るのも起業。

ブックオフで仕入れてきた本をアマゾンで売るのも起業。

ブログを書いてアフィリエイトするのも起業。

起業なんて簡単に出来ます。

そして、様々な分野で起業して時間とお金の自由を得ている人がいます。

しかし、90%以上の人は起業しても事業として成り立っていないはずです。

何故でしょうか?

そこには様々な要因がありますが、単純に起業は簡単です。

多少のお金があれば、起業できます。

ただ、起業をしても事業が上手く行くとは限りません。

ではどうするのか・・・?

簡単に言えば事業がしたいのか、起業がしたいのかと言う話だと思います。

失敗する多くの人は事業の事よりも起業の事を考えているような気がします。

つまり、事業計画書の事よりも、会社の実印のデザインを考えている方が好きな人です。

もちろん、会社の実印のデザインも大切な事だとは思いますが、事業計画書をしっかり作ってリスク分析などのデータを検証する方がもっと大切なはずです。

そうすれば、自ずとリスクヘッジする方法も見付かる訳です。

私のビジネスパートナーもそういった事をした1人です。

よく分析し、リスクをヘッジするために奥さんでフィージビリティスタディをした。そうして、20数年経営を行ってきたと言う事です。

ビジネスを行う上では、リスクを知っているのと知らないのでは大きな違いです。

 

世の中では知らない方が良い事も多々ありますが・・・(笑)

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)