「事業化.com」は、皆様のアイディアを事業化するお手伝いを致します。

TEL.050-5867-8792
info@jigyoka.com

〒102-0073 東京都千代田区九段北1-4-1

全ての物事は相場で決まる

全ての物事は相場で決まる

全ての物事は相場で決まるとしたらどうでしょう。

あなたが作ったプロダクトはあなたの会社が値段を決めていると思うかも知れませんが、それは違います。

もしそのプロダクトを買う人がいるのなら、それは相場で正しいと思われる値段で売ったからです。

この理論は大学生の時に教わりましたが、今更ながら納得させられてしまいます。

よく、需要の有無を考えろ、何て言いますが、これは相場、つまりマーケットを意識しろと言うことなのです。

商売が上手い人は大体、相場を読むのが上手いのでギャンブルなんかも強かったりします。

相場から逆算して売れるものを作る。

作ってからどうやって売るかではありません。

この辺が所謂ビジネスのセンスと言われるところかも知れません。

私達の所にも商品を開発したけれども売れないからどうしたら良い?と言う相談が結構来ます。

その中にはなかなか革新的な商品もあり、感心させられますが売れないと言うことは相場にあっていないと言うことです。

もちろん、売り方が悪いと言うのも相場を無視していると言うことです。

逆算で商品の開発をしなかった結果、売れなかったと言うことなのです。

と言いながらも私はどんな物であっても営業力さえあれば売れると思っています。

ただ、営業力を持っている営業パーソンは意外と少ないものですし、最初から営業力に頼る商品開発などあり得ないと思います。

スーパー営業マンに売らせれば良いではなく、営業がいなくても売れる。

そう言った開発が必要なはずです。

結果として営業力で売る事になるかも知れませんが、最初からそこへ期待するのは間違いだと言う事です。

トヨタ自動車の販売網と営業力をもってすれば、どんな自動車でもそこそこは売れるでしょう。

ただ、開発陣はそこを計算して開発してはダメだと言う事です。

すべては相場が決めています。

相場を見据えたビジネスをしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)