「事業化.com」は、皆様のアイディアを事業化するお手伝いを致します。

TEL.050-5867-8792
info@jigyoka.com

〒102-0073 東京都千代田区九段北1-4-1

機密保持契約(NDA)

機密保持契約(NDA)

機密保持契約(NDA)と言うものがあります。

これはその名の通り機密を保持すると言う契約です。

最近はちょっとした事を打ち合わせして始める場合でもこの契約を交わす事が多くなっています。

個人情報保護法などの事なども影響しているのでしょう。

機密を保持する契約ですが、ではいったい機密とは何なのでしょう?

ペンディング中の特許案件やこれから出願予定のものなどは当然これにあたります。

では相手側の担当者の名前などは機密情報にあたるでしょうか・・・。

これはケースバイケースと言わざるを得ません。

と言うのも例えば、相手側のメンバーに堀江貴文さんが居たとします。

もうこれだけで機密に値するかも知れません。

ホリエモンが絡んで何かやる・・・と言うような事です。

つまり、担当者の名前であってもオフレコにしなければならないものはありますし、そこは相手側が十分にNDA情報だと言わなければなりません。

日本の商習慣においてはこの辺がとてもファジーです。

実際にNDAの問題で争ったというような話も聞きません。

また、その場の担当者がNDAを結んだだけで会社は結んでいないと言った事も言えるかも知れません。

いづれにしても契約は契約事としてしっかり守らなければなりません。

しかし、所詮契約です・・・。

相手を信頼できるか・・・。

結局最後はそこになるような気がします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)