「事業化.com」は、皆様のアイディアを事業化するお手伝いを致します。

TEL.050-5867-8792
info@jigyoka.com

〒102-0073 東京都千代田区九段北1-4-1

企画

企画

企画・・・。

以前、企画脳と言う秋元康氏が書いた本を読んだ事があります。

こんな書き方をするとたまたま秋元康氏が書いた本を読んだようですが、実は彼の本を20冊以上読んでいます。

彼の作詞能力やプロデュース能力は今更説明するまでもありませんが、彼の書く文章はとにかく魅力に溢れています。

私は作家に対して大きく二つに分けています。

単純に書くストーリーが面白い作家と、文章が上手な作家の二種類です。

例を挙げると、いわゆる東野圭吾氏や松岡圭祐氏、宮部みゆき氏なんかはストーリーが面白いだけで、文体や文章が特別凝ったものになっていません。

しかし、村上春樹氏などは完全に文章力だと思います。

実際に彼の書いた本はすべて読んでいますが、ストーリーがあれだけつまらないのに完全にのめり込んでしまうのは彼の文章力だと思います。

ちなみに村上龍氏の文章も凝ってはいますが好きではありません。

そこで秋元康氏である。

彼もやはり文章力だと思います。

と言うよりも表現力でしょうか・・・。

企画脳の中でも書かれていましたが、彼の発想は凡人のそれとはまったく違います。

中学生の頃に初めて彼の本を読みましたが、40を超えた自分が今、読んでもやっぱり魅力的です。

と言うか、本当は企画書について書きたかったのだが、そんなテンションでは無くなった。

でも、要約すると・・・

みなさんビジネスを考える事はしますが、企画として落とし込む事が出来ません。

企画に落とすと言う事は第三者に伝えると言う事です。

あなたがどんなに素晴らしい発想を持っていても他人に伝える事が出来なければビジネスになりません。

そこで私達の出番です。

誰が見ても分かる企画書にすれば、その素晴らしい発想は世の中に出て行く事になります・・・。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)