「事業化.com」は、皆様のアイディアを事業化するお手伝いを致します。

TEL.050-5867-8792
info@jigyoka.com

〒102-0073 東京都千代田区九段北1-4-1

理想と現実

理想と現実

「何がしたいか」と「何が出来るか」は文字通り大きく違います。

「何がしたいか」を知っている人は多いはずです。

しかし、「何が出来るか」を知っている人は意外と少ないように思います。

私達もクライアントからヒアリングする時には、できるだけ「何が出来るか」をヒアリングします。

ただ、それだけでは良い提案は出来ません。

結局、「何がしたいか」を理解出来なければ事業化出来ません。

私達のクライアントである方々は拘りを持った人が多数います。

収益が上がればそれで良いよ・・・。

何て言う人は1人もいません。

それぞれの理想的な収益のあげ方、つまり理念みたいなものがハッキリしています。

本来、ビジネスマンである以上理屈抜きで収益をあげなければならないと言うのも正論ですし、理想的に儲けられなければ意味がないって言うのも正論です。

自分の出来る事で自分のやりたい事をする。

そのうえ収益があがる。

そんなビジネスを提案しなければ、私達の存在意義はありません。

理想と現実は裏腹ですが、理想を捨てても現実は大して変わりません。

だったら思いっ切り理想を追い求めては如何でしょう?

とくに一番初めから理想より現実を考える必要はありません。

自分が思う理想的な自分を想像し、アイディアを考えて下さい。

現実と言う名の壁は必ずあります。

しかし、それを自分から知る必要はありません。

私達が提案するのは理想ではなく現実かも知れません。

しかし、その現実と言う名の壁の高さを知っておく事が大切です。

乗り越えられるのかダメなのか。

分かっていれば出来る事は沢山あります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)